うつの家族、友達の力になりたいあなたへ。うつ専門カウンセラーが伝授!

2018年版「あなたが大切な人にできる10のこと」無料E-bookリリース!

【新規受付休止中】個別カウンセリングを受けたい

2018/08/28

さわとんこと澤登和夫(以下、さわとん)の個別カウンセリングです。

うつの人を支える側だからこその悩みを10年間お聞きしてきました

「うつの息子にどう接していいのかわからない。あまり話してくれないし何を思っているのかわからない」

「主人がうつで会社を辞めて、今は休む時期だと頭ではわかってはいても、主人なんだからしっかりしてよ、稼いできてよって思っちゃう」

「休職してた部下がもうすぐ復職するけど何を気をつけたらいいのか。職場のみんなには伝えた方がいいのか。人事に相談してもうやむやできちんと教えてくれない」

これらは、これまで個別カウンセリングお聞きしてきたうつの方を支える方の悩みの一部です。

うつで悩んでいるのはうつの本人だけではありません。

うつの家族、同僚、友達など接している方からもたくさんの悩みをお聞きしてきました。

過去10年間カウンセラーとしてのべ6,000人以上の方と接してきましたが、うち約半分はうつで悩んでいるご本人、そして残りの半分はうつの方を支える側の方です。それほど支える人も接し方に悩んでいるのが現状です。

  • うつの辛さは、体験した人にしかわかりにくい
  • 風邪や骨折と違って、ゴールがいつになるかもわからない
  • 何かサポートしたからといって、それが良くなるという結果にも結びつきにくい、見えにくい

本人とはまた違う悩みがあります。

接し方の基本的なポイントはあるが、今のタイミングで何がいいかは千差万別

では、大切な人へ何を大事にして接すればいいのでしょうか。

その答えは正直、その時々で人それぞれです。

もちろん接する上で押さえておきたいポイントはあります。このサイトでもなるべくわかりやすくお伝えしています。

ただ、マニュアル的に取り入れられるものもあれば、今の現状だからこそできることもあります。うつで悩んでいる方の症状や現状によっても変わるし、支える側の気持ち、環境、余裕によっても変わります。もちろんお互いの関係性次第で変わるところもあります。子どもがそれぞれ個性があるのと同じで接する上での大事なポイントも個々で変わってきます。

カウンセリングでは個別に現状をおうかがいした上で、今のあなたにだからこそ伝えられることをお伝えしています。

個別カウンセリングは、3つの構成で進んで行きます

さわとんの個別カウンセリングでは、基本的にこの3つを取り入れています。

聴く(受け止める)

一般的なカウンセリングで大事にされることです。

カウンセリングではよく「傾聴」という言葉が出てきますが、さわとんは「受け止める」という言葉をよく使っています。まずはしっかりと現状、あなたの悩みを受け止めます。否定することがないのはもちろんですが、そのことにいい悪いの色を付けずにそのまんまで受け取ります。

「さわとんのカウンセリングを受けるとなんかあたたかい感じがして、カウンセリングの姿勢自体が家族に寄り添う上での参考になった」

とおっしゃっていただく事もあります。

提案1(心構え)

傾聴ばかりのカウンセリングも多くそれも狙いがあってのことですが、さわとんの個別カウンセリングは傾聴だけで終わることはほぼありません。カウンセリング中や終わって数日は癒されてスッキリしても、その効果が長続きしないことも多いからです。

さわとんの個別カウンセリングではなるべく提案も行っています。もちろんしっかりと受け止めた上での話ですが、支える上でどのように接したらいいのか、その「心構え」と「今日からできること」の2つの提案をしています。

心構えについては、目指す方向は自信を持ってどっしりいられるようになることです。どうしたらいいんだろう、と腫れ物にさわるような感じで接していると察知されて相手も不安定になってしまう事も多いです。また、「うつの気持ち、正直わからないから教えて」と素直に聞けるような関係性を作って行く事も大事です。

もちろんすぐに自信を持って接することができる人はほとんどいないので、うまく自分と付き合いながらまずどのようなことを心がけたらいいのかを個別にお伝えします。

提案2(今日からできること)

心構えは長い目でとても大事なのですが、1日2日で簡単に身につくものではありません。大事なポイントを抑えた上で実践を積み重ねていくことで自信を持って接することができるようになって行きます。

しかしすぐに身につくものではないからこそ、途中であきらめて投げ出してしまう事も多くそれはもったいないです。

人は誰だって少しでも効果が短期間で出ればモチベーションも保ちやすくなります。ダイエットでもやっぱり体重が0.1kgでも減れば嬉しいですよね。うつを支えることは数値化できるものではありませんが、ただ、その中でなるべく短期間で結果が出る方法もあります。例えば声のかけ方や、受け止め方の方法、工夫です。また、自分自身の心身の状態ををうまく保つ事も大事なので、簡単で効果がある自分との付き合い方もお伝えします。

さわとんだからこそ。カウンセリングの特徴

1、自身の5年半のうつ体験、飛び降り体験

 

さわとん自身が5年半にわたりしんどいうつを経験したことがあるので、だからこそ受け止める力もあります。

「お医者さんとは全然違う、経験してきたからこその安心感があった」と良くおっしゃっていただきます。

また、うつの人の気持ちや苦しさを代弁できるので、あまり心を打ち明けてくれない家族や友達が今どんな気持ちで何が苦しいのかを受け止めやすくなり、接し方も変わっていきます。

 

 

2、10年間のカウンセラーとしての実経験がベース

 

2008年にカウンセラーとして活動開始して以来、10年が経ちました。その間、たくさんのうつで悩んでいる方、そのご家族や会社の方などとお会いしてきました。色々なアプローチを10年間行ってきて、効果が大きかったことの引き出しの中から、それぞれ適した方法をお伝えしています。なお、精神保健福祉士(国家資格)、睡眠健康指導士上級としても色々な側面からアプローチしていきます。

 

3、さわとん独自のカウンセリングメソッド

10年の活動の中で蓄えてきた独自のカウンセリングメソッド、方法があります。ただただ大丈夫だよという精神的なことだけではありません。このオリジナルキャラクターを使って、周りの人や自分との関係性を考えて行くこともそのひとつです。
 

4、きちんと受け止めた上で、提案があること

上記に書いた通り、傾聴だけでは終わりません。個別の提案を行っていきます。その提案はそれがそのまま活用できる事もあれば、新たな自分なりの答えにたどり着く糸口になることが多いのです。最終的に自分の中で接するためのバイブルを作って行く、そのためのヒントになります。

5、対面カウンセリングは千葉県佐倉市で

千葉県佐倉市、と聞いて近い方は嬉しいでしょうが、遠いと感じる方も多いでしょう。しかし佐倉まで来てみたからこそ感じることがあります。ちょっと異空間の環境に身を置くことで、鈍っていた自分の感覚センサーを敏感に戻す効果もあります。ちなみに実際は思ったより遠くなかった、という方の方が多いです。

 

カウンセリングのコース

 

現在、新規受付を停止しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
再開は10月以降となる予定です。

Copyright© あなたが大切な人にできること , 2018 All Rights Reserved.