歩くカウンセラー澤登和夫(通称さわとん)の講演、カウンセリング

大好評:うつ病の息子を支えた母親の体験記(全8回)

8月に「歩いて千葉県一周」することに!その方法やスケジュール

2019/07/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

突然だが、8月に千葉県を歩いて一周することにした。

正式には昨日決定した。

どんなプランなのか、なぜやることに決めたのか、決めたままの気持ちが冷めぬままに書き記したいと思う。

歩いて千葉県一周すると距離は?

千葉一周の距離は、約520キロらしい。「千葉一周」などでググっていたら、自転車で一周した人のブログに書いてあった。ちなみに、歩いて千葉一周した人のブログは見当たらなかったのだが、今回の記事を書くにあたって、5年で全国を一周したという方が19日で千葉県一周したという記事を見つけた。奇遇だが今回の一周プランはこの小田さんとやり方と同じである。

実際にどれくらいの距離があるのだろうかと、キョリ測というソフトで測ってみた。ざっくりとなのだが

左に書いてあるのだが、、要は約510キロ。やはり、ざっくりと520キロというところだろう。なんだかんだ迷ったりするので実際にはもう少し増えるだろうと思っている。

ちなみに、東京駅から大阪駅まで歩くと約510キロ、だそうでほとんど同じ距離だ。

 

どんな方法、ルートで歩いて一周する?

今回の歩いて千葉県一周の方法だが、ずっと歩き続けたり現地に宿泊するのではなく、「朝から夕方まで歩いてその日のうちに電車で家に戻り、次回は前回のゴール地点まで電車などで行きスタート」という方法をとる。ぼくは千葉県佐倉市に住んでいる45歳。基本はカウンセラーという自営業なので自由はかなりきくのだが、1歳の子どもがいることもあり長く家に帰らないという選択肢は取りたくない。佐倉は千葉の真ん中(よりやや西)にあるが、真ん中だからこそ千葉県の色々な場所に電車でも行きやすい。とはいっても、例えば南の館山だと3時間くらいかかるわけだが、それでもこの方法が一番しっくりくる。

そして、毎日歩く距離を「約40キロ」とした。40キロといえばフルマラソンと同じくらいの距離。長距離を歩いたことがない方はすごい距離と思う人も多いだろうが(3ヶ月前までのぼくもそうだった)、5月からひょんなきっかけで歩くことにどハマりし、そこから30キロ、40キロ、50キロと歩くことが当たり前になっていった。3日で100キロ歩いたり、山手線を一周したり(約52キロだった)、50キロウォーキングに出てみたり、、ということで、40キロくらいの距離は結構当たり前になっていた ので1日40キロ歩くことがさほど大変とは思っていない。

ぼくの歩くペース特に速いほうでもなく、ざっくり1時間5キロ。ということは40キロ歩くには8時間。例えば7時に歩き始めれば、計算上は15時に終わる。最初は1日50キロにしようかとも思ったのだが、8月の暑い中でもあり余白をとっておくことにした。

スタート地点は、稲毛海浜公園にした(上記画像のF地点)。カメラマンの知人が近くに住んでいて、ぼくもそこで写真を撮ってもらったり馴染みがある場所なので。そして佐倉市の家(A)から約15キロ3時間歩けばいけるので、最初は自宅から稲毛海浜公園まで歩いてからスタートする。つまり、スタート地点が家でもあり、千葉県一周という意味では稲毛海浜公園でもあるという感じだ。

で、稲毛海浜公園に戻ってくるまでの約510キロを、約40キロごとにポイントを決めていった。

上記でアルファベットがある場所が、現段階で決めた1日のゴール地点(次回のスタート地点)である。Googleマップの関係で10個しかアルファベットが出せないようで、銚子の上がまたAになってしまっているが、なんとなくわかっていただけると思う。このそれぞれのアルファベットの間が約40キロ、約8時間で歩くことになる。

ということで、約40キロごとにプランを決めていくと、13個のコースができあがった。

1、(佐倉自宅ー)稲毛海浜公園ー千葉港ー長浦駅(袖ケ浦市) 
(-15-0-31まで31キロ(佐倉からは46キロ))
2、長浦駅ー富津岬ー佐貫町駅(富津市)  
 (31-72まで41キロ)
3、佐貫町駅ー鋸(のこぎり)山ー館山駅(館山市)   
 (72-110まで38キロ)
4、館山駅ー洲崎灯台ー千歳駅(南房総市)
 (110-151まで41キロ)
5、千歳駅ー鴨川シーワールドーかつうら海中公園(勝浦市)
 (151-190まで39キロ)
6、かつうら海中公園ー御宿ー白子IC(白子町)
 (190-230まで40キロ)
7、白子ICー九十九里ー飯岡海水浴場(旭市)
 (230-271まで41キロ)
8、飯岡海水浴場ー犬吠埼ー下総豊里駅(銚子市)
 (271-310まで39キロ)
9、下総豊里駅ー水郷佐原ー道の駅こうざき(神崎町)
 (310-349まで39キロ)
10、道の駅こうざきー利根川水郷ーあけぼの山公園(柏市)
 (349-389キロまで40キロ)
11、あけぼの山公園ー県北端ー関宿総合公園(野田市)
 (389−431まで42キロ)
12、関宿総合公園ー矢切の渡しー京葉市川IC(市川市)
 (431-470まで39キロ)
13、京葉市川ICー東京ディズニーリゾートー稲毛海浜公園
 (470-511キロまで41キロ)

こんなルートである。

このルートを作るには半日ほどかかったが、この作業はとても面白かった。千葉県出身の自分だが、千葉県で行ったことない場所なんて本当に多い。実家のある流山市に約30年、市川市に約4年、佐倉市に約3年と人生のかなりの部分を千葉県民として過ごしてきたが、館山方面、銚子方面などなどほとんど行ったことがない場所ばかりである。だからこそ今回の千葉県一周で色々と千葉県についいて知りたい、感じたい、というのもあるのだが、プランを考えているだけでも若干それが満たされたところもある。まぁ長年住んでいる県であっても本当に知らないところばかりである。

さて13のルートができ、日程的な部分をどうしようかと思ったが、どうせなら1ヶ月でゴールしたいなと思い、近々の8月でスケジュールを組んでみた。

中1日か2日あけて、また歩くというスケジュールにした。これはあくまでプランなので実際に歩いてみて変更する可能性も大だが、今の段階ではこれくらいで行けるかなと思っている。もしかしたら連続で歩いてしまった方が楽かもしれない。2、3日なら家に帰らなくてもいいので、そこらへんは柔軟にいきたいと思っている。

【追記】スケジュールは変更になりました。現段階のスケジュールなどはこちらです。

【スケジュール、行程など】歩いて千葉県一周(2019年8月)

 

なぜ、歩いて千葉県一周することにしたか

さて、今回の歩いて千葉県一周の動機なのだが、、こうしてブログで書くとたいそうなことを言いたくもなるのだが、、要は、、

「やりたいと思ったから」

これが99%を占める。

5月から「歩く」ことの奥深さ、楽しさなどなどにどハマりして、歩きたい欲がものすごい。その欲に素直に従った、ということしかない。

この欲がなかったらやりたいと思う人はいないだろう(笑)。「何を感じるのか体感してみたくなった」ということ。ぼくが使っている言葉で言えば「自分実験」。まぁもちろん他の理由も色々あると言えばあるが、この「やりたい」「やってみたい」には叶わない。

もう少しかっこよく言うならば「自分との対話」、「自然との対話」、「千葉との対話」かなと思う。

「なぜ真夏の8月にしたのか」についても、「今、歩きたいと思ったから」というしかない。もっと涼しくなってからということも考えたのだが、体が今歩きたがっている。暑さは裏を返せば、一つの輝きである太陽がサンサンと照らす8月であるからこそ、自分とつながる、自然とつながるチャンスでもある。

もちろんゴールしてみたい気持ちはあるが、このスケジュールにそれほどこだわるつもりもない。自分の体調、そして安全には留意しつつ歩いてこようと思う。1ヶ月で歩くことが違うなと思えば、それはそれでまた変更する。これも自分実験。

今日はなるべく思ったまま書いた。また明日以降違った側面から書いていきたいと思っている。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。