歩くカウンセラー澤登和夫(通称さわとん)の講演、カウンセリング

大好評:うつ病の息子を支えた母親の体験記(全8回)

【歩いて千葉県一周5日目。千歳〜鴨川〜勝浦】あれから30年、盛況の施設と終了した施設。海中でのゴール

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

5日目のルートと歩行予定

前回4日目の

▶︎【歩いて千葉県一周4日目。館山〜白浜〜千歳】2つの灯台&「最南端の居酒屋」でパワーチャージ

に引き続き、

「歩いて千葉県一周」5日目のこの日は8月10日。前日の9日から翌11日まで、3日連続で歩きました。

▶︎全体のスケジュールや前回までのブログはこちら

この日5日目に歩く予定のルートはこちらです。

南房総市のJR内房線千歳駅をスタートして、鴨川シーワールドなどを経由してかつうら海中公園へ。地図上では約41キロの予定です。

千葉県を形取ったチーバくんで言えば、ちょうどお尻の部分かな。

ということで、5日目の予定はこちらです。

5日目の予定

第5日目:8月10日(土)(前日に引き続いて)
歩行予定距離:41キロ
歩行予定ルート:千歳駅(南房総市)ー鴨川シーワールドーかつうら海中公園(勝浦市)
歩行予定市町村:南房総市ー鴨川市ー勝浦市
次回の歩行予定:8月11日(11日まで3日連続予定)

 

前回からの改良点&今回の楽しみポイント

持ち物にモバイルバッテリーを追加

前回、持ち物を一気に減らしリュックをやめてウェストポーチだけにしたんだけど(ブログではこちら)、一つ持ち物を追加することにしました。スマホ充電用のモバイルバッテリーです。

上の写真のピンクのです。

スマホは写真撮影のほか、記録用にウォーキングアプリ(NIKE RUN CLUBという本当はランニング用のアプリ)を随時起動させて地図アプリもたまに見るので、1回は充電しないと持たない感じなんですよね。前回は居酒屋小春さんで充電させてもらえたのでバッテリー無しでもよかったんだけど、通常電源があるのはたまーにコンビニやスーパーである感じで、あったとしても結構時間がかかっちゃう。

このモバイルバッテリー、結構充電できるものを買ったのでスマホより重い。ウェストポーチに入れてどこまで負担があるか確認したいと思います。

3日連続歩く2日目。まぁい〜ペースで

今回初めて3日連続で歩くことになるのですが、この日はその2日目。

翌日もちゃんと歩けるのかが若干気になるけど、まぁ基本はこれまで通り「今」を大事に、寄り道したいとビビッときたら寄り道する、それを大事に行くつもりです。

 

第1ルート:千歳駅〜安房鴨川駅(約21キロ)

一緒に歩いたほわっとんと見た朝日

この日もほわっとんこと棚橋さんの鴨川のアパートに泊まらせてもらい、朝4時起床。前日もたくさん歩いたので流石に21時過ぎから爆睡して起きた時は「もう4時になったの?」って感じだったけど、よく眠れました。

4時15分にまだ暗い中、車でアパートを出て5時少し前に千歳駅到着。

5時ちょうどにスタート。

そして今回はほわっとんが「ぜひ少しでも一緒に歩かせて〜」と言ってくれて、30分一緒に歩くことに。

やっぱり一緒に歩くと違いもあるのが面白いな。例えば見る視点が違う。ぼくは結構上を、つまり朝日を見てるんだけど、ほわっとんは結構下を、草とか見てる。

で、10分ほど歩くと、海への道がありそう。

「よしっ、寄り道してみよう」

ってことで、行ってみると。。

まぁなんとも。朝の海はほんといいよなぁ

しばし男二人でぼーっとしちゃいましたよ。

そしてお互いに写真を取り合って。。

 

オーラが出てる(^0_0^)?

さらには映画みたい!?なシーン動画撮ってみたりして。。

楽しかったなぁ。

そこらに生え茂っているハーブでお茶目なほわっとん、

お時間が来ました。またゴールでよろしくね〜。

鴨川に入る頃から磯の香りも

こんな朝日を見つつ

そうそう、この日の朝は随分ともやがかかってる感じだったなぁ。ちょっとジメジメした感じも。まとめのところで少し書くけど、この頃少し体が重かったんだなぁ

ドーンと広がる海。

まぁきれい。

そして、長くて印象に残っている南房総市に別れを告げ、鴨川市へ〜

なぜか道に落ちていたスイカにほんわかしつつ

鴨川オーシャンパーク、というところへ到着。

面白い形してたんだけど先に行きたい気分だったのでトイレ休憩だけして再スタート。

そうそう、歩いているとほんと色々な道に遭遇しまして、、この橋は車の通行は大丈夫なんだけど、歩行者用の側道部分だけが老朽化で歩けない?そんなこともあるんだなぁ。

おかげでこんな道を歩くことになり、ちょっとドキドキ。ま、気持ちいいといえば気持ちよかったです。

そうそう、鴨川に入った頃からこんな海を見るようになりました。「荒ぶる」って感じかなぁ。

こういう場所なんていうのかな、山に囲まれた場所に海があるというか、、ちゃんと社会の勉強しておけばよかった。

海辺を寄り道してみるとこんなところもあり、これまでと全然雰囲気が違うなぁ。磯の香りもすごくしてました。

鴨川は城西国際大学があるんですね。母校早稲田大学と東洋大学の看板も発見。どちらもセミナーハウスがあるよう。温暖な場所で学ぶのも気持ちいいだろなぁ。いや、学ぶ気になんてならないかな。どの大学も箱根駅伝の常連、ここら辺で練習もしてるのかな。

テクテクとスタートから4時間以上歩くととっても長いトンネルがありました。

上の写真は出たところから撮ったんだけど、嶺岡トンネルというそうです。

まぁ長くて全然つかない。

これだけで720メートルはあるってことね。このトンネル抜けるの10分くらいかかったかなぁ。

そして、トンネルを抜けるとそこは、、

なんか一気に開けた感じ。

ぼくが住む佐倉市にもあるベイシアもあって、他にもスーパーとかホームセンターとか色々。

そして、なんか変わった形のビルが見えてきたなぁと思ったら、、

イオンが船の形してるじゃないですかぁ。海近くって感じでいいなぁ。

この頃の時間は10時。歩き始めて5時間。このイオンであとで休憩することにして、あと数分歩けば安房鴨川駅、ということで行ってみることに。

おぉ〜、南国っぽい〜。でも館山ほどしっかりしてないのがまたいい〜。

安房鴨川駅は小さい頃何度か来たんだなぁ。そう、鴨川シーワールドへ行くために。当時、おじいちゃんの別家がこのあと行く三門(みかど)駅すぐのところにあって、その関係で幼稚園の頃から毎夏、勝浦御宿方面に来てました。鴨川にも2年に1回くらいは来てたんじゃないかなぁ。

階段で逆側に来てみると

なんかいいですなぁ。

鴨川シーワールド行きのバスも発見。

地図を見るとここから5キロくらいかな、楽しみだなぁ。

ということで、先ほどのイオンでおにぎりを買って小休憩した後、鴨川シーワールド方面に歩きます。

 

第2ルート:安房鴨川駅〜行川アイランド駅(約13キロ)

鴨川シーワールドは健在だった

さぁ10時30分、安房鴨川駅から勝浦方面を目指します。ここまでで21キロ、約半分来てるんだぁ。10時半で半分来てるのは気持ち的にも楽。ほわっとんのおかげで、朝5時スタートできたのがありがたいです。

おっ、茂原64キロ!?

ついに茂原が出て来た〜。千葉の右側、いや東側か、近くなってきたど〜。

鴨川シーワールドまだかなぁ、なんか鴨川と言えば、こういう赤い花を覚えてるんだな。何十年経っても、色とか香りとかって覚えていたりしますよね。

ちょこっと右に入るとこんな海が広がっていて、鴨川の海もきれいだぁ。

そして、、鴨川駅から約1時間、、

出ました、鴨川シーワールド〜。さすが夏休みで人も多いなぁ。ぼくが子どもの時にも増して盛況な気がするなぁ。

鴨川シーワールドといえばのシャチも健在だぁ。ということで、

子どものようにハシャギながらパシャり。

そしたら、専属のカメラマンのお姉さんが「写真撮りますよ」ということで、一眼とスマホで撮ってくれました。スマホで撮ってくれたのがこちら。

おー、千葉県らしくていい感じだぁ。勝手にスマホ動かしてズームにしてくれてお姉さんすごい〜。

一眼で撮った写真もすぐに印刷してくれてカッコよかったけど、1,000円ということで拝んでサヨナラしました。

行川アイランドも懐かしかったんだけど、、

さぁ先に進みましょう。すぐにこんなヘリコプター着地場所が。

その逆側には

有名な亀田病院だぁ。ここはほんとよく聞きますねぇ。

海もまたきれいで。

ドーン。

海水浴場も大賑わい。

かと思うと、トンネル。なんだけど、歩行者用のトンネルが「とんねるすいぞくかん」?

入ってみると、

おー、きれいきれい〜

これ、約2年かけて作ったそうです。すごい大作だなぁ。

ということで鴨川市さん、ありがとう〜。またこの後も車で鴨川市に戻るんだけど^^

看板の下の方に、今日のゴール「かつうら海中公園」まであと10キロって書いてありますなぁ。あと10キロってことは2時間くらい、気持ち的にはかなり近いですよ〜。

そして、トンネルとトンネルの間に「勝浦市」の表示。いよいよ勝浦まで来ました〜

勝浦に入った途端、一気にトンネルが多くなった感じ。勝浦は山を切り崩したようなところも結構あるもんなぁ。

トンネルといえば3日目の鋸山のあたりはしんどかったけど、ちょっとでも歩道があれば大丈夫。ひんやりと気持ちいいです。

そして、左のほうに駅があるなぁと思って見てみると、

行川アイランド駅。

おぉ〜行川アイランド。行川アイランドと言えば、フラミンゴがたくさんいるテーマパーク、と言えばいいのかな。ここも小学校の頃とか何度か来たので、何となく思い出に残っています。

無人駅なのでホームにも入れて、なんかいい眺めだ。

ひらがなもいい感じ。

と、、、あとでほわっとんに聞いてわかったんだけど、行川アイランドってもうやってないんですね。ググったら2001年で終了してた。そうなんだぁそれはなんか寂しいなぁ。鴨川シーワールドは大盛況だけどこっちは厳しかったんだなぁ。

それでも駅名としてはそのまま残っていて、またそれもそれですね。最後に行った頃から30年以上も経つんだからそりゃ色々ありますね。ぼくだって色々あったし^^

 

第3ルート:行川アイランド駅〜かつうら海中公園(約7キロ)

さぁかつうら海中公園まではあと7キロちょっと。ここまで来ればもうすぐだぁ。

やっぱりトンネルが多いっ

でも抜けると一気に海水浴場が開けてたり。

おお〜こんなところに鳥居が

きれいだなぁ。

ちょっと詳しい場所がわからないけど、この翌日に勝浦と館山で水難事故があったとお聞きし色々と思うこともありました。自然とともに生きる、とても尊いことだと思います。

さぁゴールまでもう少し。トンネルを抜けると、、見えてきました。

かつうら海中公園、着きました〜

いやぁここも懐かしい〜。ここも30年以上ぶりだなぁ

そうそう、右奥に見える白い塔、ここが海中公園だ。この中から海中に行けるんだよな。

よし、ここまできたら今日のゴールは海の中にしよう〜。

ということで、、

海中公園は960円のはずだったんだけど、この日は視界不良ということで大幅割引。

150円の時まであるんだな(^0_0^)

トンネルを抜けると

おーここだぁ。

波もかっこいい。

海への一本道だなぁ

近づいてきました。

結構下まで行きますよ〜。100段くらいだったかな。

ということで、、

ゴール〜

ゴールは16時12分。水深8メートルの場所でした。

視界不良とは言いつつ、いるいる。ゴールを祝ってくれてありがとう〜。

5分くらいぼーっと海中を眺めてから上に戻ることに。

階段100段登って戻りました。が、登り切ったら疲れてしまい、、

失礼しました^^ これは冗談で顔を作りました(^0_0^)

この日は歩いた時間もこれまでより短かったしそんなには疲れなかったな。

迎えに来てくれたほわっとんに写真を撮ってもらって終了〜。

この日歩いた距離は、、

46.3キロでした。

5日目を振り返って&次回に向けて

荒ぶる勝浦

上の写真のように南国をイメージした前日の館山や白浜と違って、、

勝浦は「荒ぶる」という感じ。「勝」「浦」という感じかな。男らしさ。鴨川はその中間くらいだったかな。ほんと1日目から色々な海を見てきたけど地域によって少しずつイメージが違うから面白いんだなぁ。ぜひぜひ、色々な海を「海比べ」してみてるのも面白いと思います。

モバイルバッテリーの重さは、、

モバイルバッテリーを持ち物に追加したと書きましたが、、その影響はほぼ無しっ。

特に重さも感じなかったなぁ。

最初の1、2時間で体が自動調整??

今回は3日連続歩く2日目ということだったんだけど、この時点で特に大きな疲れも無し。

実はこのモヤがかかっている頃、最初の1、2時間は結構汗かいて若干頭が重いかな、熱いかなと思ってたんだけど、、2時間くらい経つといつの間にかそれも感じなくなって、そのあとは快調でした。

もしかしてと思い始めたのは、どうも歩いた最初の1、2時間で体って自動調整みたいなことしてるのかなと。その日のぼくの体調、体温、疲れ、そして自然の気温、湿度、天候や風などを加味しながらある程度体が順応してくれる、みたいな。

その日起きた時の体調と、歩いてみての体調って少し違うんですよね。起きた瞬間が気持ちよく起きても、歩いてみると少し重かったり。そんなことを体が感じつつ、その日の自分の最適な状態へと順応させてくれるような気がしています。

ちょっとまだうまく言えないけれど、最初の1、2時間少し様子みながら歩くことが結構大事なのでは、なんてことも思い始めました。これも暑さで少し大変な環境だからこそ感じられていることかな。生きる力。またレポートします。

 

5日目の記録

第5日目:8月10日(土)(前回に引き続いて)
天気、最高気温:晴 33度
歩行ルート:千歳駅(南房総市)ー鴨川シーワールドーかつうら海中公園(勝浦市)
歩行市町村:南房総市ー鴨川市ー勝浦市
歩行時間(休憩含む):11時間12分(5時00分〜16時12分)

歩行距離:46.3キロ(予定では41キロ)
次回の歩行予定:8月10日(土)(11日まで3日連続予定)

さぁ次は九十九里方面へ。

※第6日目の体験記へと続きます
▶︎<※速報、写真のみ>【歩いて千葉県一周6日目。勝浦〜大原〜白子】

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。