うつの家族、友達の力になりたいあなたへ。うつ専門カウンセラーが伝授!

2018年版「あなたが大切な人にできる10のこと」無料E-bookリリース!

【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第7話】開業、心からおめでとう! これからもよろしくね

2018/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
うつ専門カウンセラー・精神保健福祉士 サラリーマン時代、過労と心労がきっかけで27歳のときにうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、マンションの最上階から飛び降りたことも。 心身ともに乗り越えた後、「以前の自分と同じような人の力になりたい」と、うつ専門カウンセラーとして2008年に起業。以後10年間、うつで悩んでいる方やご家族へのカウンセリングを積み重ねてきた。 全国の自治体や企業でのうつや自殺対策に関する講演は年間約50回。 著書に「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」、「自殺者3万人を救え!ー”命”みんなで守る社会戦略(NHK出版・共著)」
詳しいプロフィールはこちら

第6話の

【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第6話】私もうつなのか?

に引き続き、ぼくがうつ病だった時に母が何を思っていたかお伝えします。

(最初から読みたい方は
【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第1話】自分の子どもがうつ病!?

※この体験記は2013年5月に、母がぼくと一緒に新潟の講演会でお話しさせて頂いたときの原稿が元になっています。

手術の7ヶ月後に体の変化。開業へ

そして、大腸全摘出の手術から7ヶ月が経った頃から急に便の回数が減ったそうです。

なんと小腸が、とってしまった大腸の働きもしてくれるようになったそうです。

それから少しずつ、活動するようになりました。

静岡や名古屋に行ったり、その後、毎日のようにどこかへ行くようになりました。

 

日記を見ますと和夫は当時、『これだけは絶対にやりたい』と思っていたようです。

1、困っている人を助けたい

2、自殺者を減らしたい

3、本を出す

と。

自分の通ってきた5年半にわたる重度のうつ体験をもとに、同じように苦しんでいる人の役に立ちたいと決意を固めたようです。

 

そして、

「さわとんメンタルカウンセリング」

開業と 、開業する日に行われる講演会に向けて、一途に走り始めました。

相変わらず夜中の帰宅が毎日続いていて、またぶり返すのでは、と気がかりでしたが、まるで耳を貸さず。

黙視するしかありませんでした。

そしていよいよ2008年3月29日、和夫の34歳の誕生日に「さわとんメンタルカウンセリング」開業記念の講演会が開催されました。

母からの手紙

翌日、私から和夫に手紙を渡しました。

『かずくん、おめでとう。
講演会、とっても盛況だったね。

広い会場に大勢の人が集まって
とてもびっくりしました。

たくさんの人から
「おめでとうございます」
と笑顔で挨拶されて嬉しかったです。

講演会では、
和夫があがっちゃってとちらないか
ドキドキしていたけど、

そんな心配はご無用、
とっても堂々と、 歯切れ良く、
自信にあふれていて安心しました。

自分の体験をもとに、
苦しんでいる人を助けるお手伝いをしたい

という想いが、強く伝わってきました。

経済的にも精神的にも
いろいろときびしいものがあると思うけど、
その勇気ある行動に感心します。

そんな底力があったのか、
と驚きです。

これから先、
どのように具体化していくか、
実践していくか、
大いに期待されるところだと思います。

私もできることがあったらお手伝いします。

こうなれたのもひとえに
たくさんのお友達の
温かい応援によるものだね。

すばらしいお友達がたくさんいて幸せだね。

この感謝を忘れないで、
体を大事にして歩いていってね。

「さわとんメンタルカウンセリング」

開業、心からおめでとう! 

これからもよろしくね。  

母より』

 

この後はおかげ様でずっと体調も良く、約1年後に「株式会社ありがトン」を設立し、新聞やテレビに出たり、本を出版したり、あちこちで講演をしたりして、元気に活動しています。

 

息子のぼくが今読んで思うこと

母の手紙の内容を久々に読んで、自分の起業当時の確固たる想いを感じることができました。もしかしたら起業の日の決意は、これまで支えてくれた母に向けての決意表明だったのかもしれないと今、思いました。

当時、『これだけは絶対にやりたい』と思っていた3つのこと、すっかり忘れていました。でも10年経っても基本的に同じ方向で活動している、、原点って変わらないんだなと思いました。母がこうして示してくれなければ自分だけでは思えなかったことです。

なお、ぼくがどうやってうつから解放されていったかについてはあまり書かれていませんね。きっかけがどうこうというよりは、母のサポートもおかげもあり少しずつ生きる力が蓄積されていったことが大きいんだと思います。(ぼく目線が知りたい方はこちらの著書などをご覧ください)

 

第8話(最終回)

【うつ病の息子を支えた母親の体験記 第8話(終)】気がつくと、まさにうつが私を救い、和夫を救ってくれました

に続きます

 

 

支える人へ大反響のEbook!
うつと向き合い光が見えた実在の4組のご家族をベースにした物語。
大切な人にできること10個を厳選し、たくさんのイラストとともにわかりやすくお伝えしています。

ダウンロードはこちらのページから。

この記事を書いている人 - WRITER -
うつ専門カウンセラー・精神保健福祉士 サラリーマン時代、過労と心労がきっかけで27歳のときにうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、マンションの最上階から飛び降りたことも。 心身ともに乗り越えた後、「以前の自分と同じような人の力になりたい」と、うつ専門カウンセラーとして2008年に起業。以後10年間、うつで悩んでいる方やご家族へのカウンセリングを積み重ねてきた。 全国の自治体や企業でのうつや自殺対策に関する講演は年間約50回。 著書に「ありがトン(サンマーク出版)」、「人生をやめたいと思ったとき読む本(東洋経済新報社)」、「自殺者3万人を救え!ー”命”みんなで守る社会戦略(NHK出版・共著)」
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. マップ より:

    鬱の子と付合うってしんどいなあ。
    でも、みどりさんの様に笑顔で居ようとつくづく思いました。お二人の笑顔がとってもステキです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© あなたが大切な人にできること , 2018 All Rights Reserved.