歩くカウンセラー澤登和夫(通称さわとん)の講演、カウンセリング

大好評:うつ病の息子を支えた母親の体験記(全8回)

約8割の人は、頭を半強制的に使わなくすればいい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

寝転がったまま話したYouTubeがなかなかの反響

今日もあまりやる気がしないので短文です。

昨日、こんなYouTubeをアップしました。

なんと、やる気がしなかったのでゴロゴロしたままに話しました。

これがなかなか反響がありまして、

ぼくはこの5月にYouTubeを始めましたが、この動画が

「投稿してから24時間以内の再生回数」が一番多かったのです。

さらには、

「さわとんが寝転がって投稿したことに勇気をもらいました。

ぼくもブログをあまり考えずに書いてみます!」

なんていう人もいたのです。(その源太さんのブログはこちら

やる気がないままやっても、むしろ何か感じてもらって力になれることもある。

そんなもんです。

「発信する側が伝えたいことと、見た人が受け取ることは違うことがある」

それを改めて感じました。まぁそんなもんです。

 

頭を使わない自分実験

多くの人は、頭を使いすぎです。

少なくともぼくのブログを見ている方はそういう方が多いです。

頭を使わずにもっと自分が感じた感覚で生きられるようになれば、もっと人生楽しくなります。

それこそが「自分を信じられる=自信」につながります。

特に頭が疲れている時、使いすぎてしまう。

疲れたというサインが出ているのに無視して使いすぎてしまう。

そりゃショートしちゃいますよね。

と、わかってはいてもやってしまうものですが。

だから、疲れたなと思ったら、サインが来たなと思って今の頭の容量で生きる。今、30%しか頭が回らないなと思ったら、30%の頭しか使わない。

どうしたら頭を使わないか考える必要もあリますよね。

色々と実験してみましょう。

 

まとめ&YouTube

YouTubeも、またゴロゴロしながら投稿しちゃいました。

頭を使わないヒントがあります。

 

この本もコミックエッセイなのでダラゴロしながら読めます。

ありがトン(サンマーク出版:中古のみ)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。